樹木自然葬

樹木葬とは

樹木葬

樹木葬とは、最近注目されている自然葬の一つで、ご遺骨を土にかえし、その上に樹木などを植え、自然と共生しながら永眠する埋葬方法を言います。散骨と似ておりますが、国から許可を得ている埋葬地に、きちんと埋葬する点において違いがあり、植えた樹木が墓標となることや、お参りすることで森林浴もでき、心が癒されることなどが大きなメリットとして挙げられます。

現在の墓地は、墓石の下にあるカロートと呼ばれる石のロッカーに骨壷のまま納骨するのが主流の中、樹木葬のような、遺骨を土にそのままかえし、自然と一体になれるという埋葬の仕方が好まれています。

神社などが有する鎮守の森は、お山そのものが信仰対象として存在し、古代において人が亡くなると山に埋葬していたことを考えると、樹木葬は葬送の原点に立ち返り、日本人の死後観にあった埋葬方法として定着するものと考えております。

樹木葬が注目されるわけ